いしかわ治療院 家庭で出来る治療法 狭心症

狭心症
 心臓に血液を送っているのが冠状動脈ですが、この冠状動脈が硬化して心臓に十分な血液が行き渡らなくなった時に起こる障害が狭心症です。
冠状動脈硬化症の原因の有力な説として、老化現象、高血圧、コレスレロールの蓄積の3つが合併している場合が多いとされています。狭心症の発作の症状は、一般には胸骨の裏側に痛みが現れ、それが左肩から左腕に広がると、全胸部がぐっと締め付けられるような、重いようななんともいえない不快感に襲われます。発作は数分から数十分続くことがありますが、肋膜炎と間違えられる事もありますので、注意しましょう。

ツボ療法
まず、絶対に安静を保つようにしましょう。ツボ療法は背中では心兪、胸はダン中、腹部では巨闕、手ではゲキ門、神門などがポイントになります。特にゲキ門は動悸や息切れ、胸苦しい、胸痛がするといった時の特効穴です。
また、手の左の小指の爪のもとにある少衝というツボは、緊急の時には、ここを噛むと発作が和らぎます。

民間薬
@クマ笹
エキスは新陳代謝、血液循環を良くしてくれます。
Aドクダミ
乾燥させたドクダミを1日量で約120gを煎じて、お茶がわりに飲みます。高血圧症、動脈硬化、脳出血の予防に効果的です。
Bシイタケ
血液中のコレステロールを減らし、コレステロールの吸収を妨げる働きがある為、高血圧や動脈硬化の予防となります。生シイタケや干シイタケを常食し、その煎じ汁を飲みましょう。
Cラッキョウ
ラッキョウを毎食3粒ずつくらい食べましょう。漢方では薤白といって、干したラッキョウを狭心症の薬として使用します。
Dトマト
トマトは悪玉コレステロールの吸収を防ぎ、体外へ排出を促進すると言われています。

家庭でできる治療法一覧に戻る

〒286−0201 千葉県富里市日吉台2−6−7 第一宝生ビル1F
TEL:0476-92-7083 FAX:0476-92-7084 E-MAIL:info-net@hariqm.com