いしかわ治療院 家庭で出来る治療法 高血圧

高血圧
 高血圧症の85%〜95%は、遺伝的な因子以外に原因が明らかでない、本態性高血圧症です。その他は症候性高血圧症といい、腎臓の昇圧因子が関係するもの、内分泌機能の変化によるもの、神経が関与するもの、心臓の送血量が増加するものなどの症候として起こるものです。
高血圧症は動脈硬化、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、尿毒症などの生命の危険を伴う成人病を誘発するものとして、現在最も警戒されているものの一つです。特に動脈硬化の進展が早い点が目立ちます。
高血圧が長く続くと脳、心臓、腎臓などに病変が起きて、生命を奪いかねなくなりますから、根気よくコントロールすることが必要です。


ツボ療法
食塩の摂取を控えめにし、食べ過ぎ、過労、ストレスなどにも気をつけましょう。頭の百会、後頚部の天柱、背中の肩井膈兪心兪、腰の腎兪、喉の人迎、腹部の中カン大巨、手の合谷、足の三里山陰交湧泉などが主要なツボです。

民間薬
@クコの葉
クコの葉を生で食べてもよいのですが、普通は乾燥した葉をクコ茶として毎日飲み続けます。クコ茶は濃いめにします。
Aニンジン
1回に100gを搾り、そのジュースを1日2〜3回に分けて飲みます。
Bクマ笹
クマ笹エキスはコレステロールの除去、血液粘稠度の調整、肝臓の解毒や腎臓の利尿作用などの促進など諸作用があるといわれており、腎性高血圧症などにはよいと思われます。1日に3回続けて飲みます。
Cコンフリー
青汁を毎日、食前1時間〜1時間30分前に100mlくらい飲みます。
Dエンドウ
しぼり汁を1回に茶碗半分ぐらいの量を温めて飲みます。
Eドクダミ
1日量15gを煎じ、お茶がわりに飲みます。


<注意>血圧が上がる時
イライラ、発熱、走る、冷たいものを飲む、冷たい空気にさらされる、水中に飛び込む等は、緊張と同様に血圧を高くします。
反対に温かいものを飲む、入浴等は、リラックスするのと同様に血圧を下げます。
ただし、熱い浴槽中にあまり長くはいっていると、いったん下がった血圧が上がってきます。高血圧症の人は、熱い長湯はよくありません。ぬるめのお湯にゆっくりと入るのが良いのです。
コーヒーを1日に何杯も飲む人がいますが、コーヒーは血圧上昇剤です。ワサビ、トウガラシ、カラシ、朝鮮ニンジンも上昇剤です。
反対に海藻類には少量ではありますが、ヨードやアミノ酸を含んでいるものもあって、動脈硬化の予防に役立つといわれています。塩の取りすぎも動脈硬化を促し、血圧を下げます。野菜、果物、酢の物、胡麻あえ、納豆等は動脈硬化予防に効果があります。
ただし、めまい、手足のしびれ、激しい頭痛、吐き気、胸の痛み、眼底出血などの症状があらわれている場合は、必ず医師に相談しましょう。

足の裏を叩くだけで血圧が下がる!!
血圧が高い人は、うつ伏せに寝て、足の裏を誰かにトントンと100回位叩いてもらいましょう。
自分で叩く場合はリラックスして座り、足首を持って叩きましょう。

家庭でできる治療法一覧に戻る

〒286−0201 千葉県富里市日吉台2−6−7 第一宝生ビル1F
TEL:0476-92-7083 FAX:0476-92-7084 E-MAIL:info-net@hariqm.com