いしかわ治療院 家庭で出来る治療法 気管支喘息

気管支喘息
 気管支喘息は、気管支が狭窄をを起こすことによる、喘息を伴った発作性の呼吸困難を示す病気です。はじめは空咳で、激しくなると、のどがむずがゆく痛みを感じ、特に吐く息が苦しくなります。
気管支喘息の発作は、アレルギーと気道の過敏性によるものです。喘息を起こすアレルゲンには色々ありますが、室内塵が重要です。家ダニ、カビ類、花粉などがその主なものです。その他、寒さ、過労、喫煙、酒の飲み過ぎなどもその誘因となります。
気管支喘息は治りにくい病気で、根治することはなかなか困難ですから、早期治療が大切です。


ツボ療法
背中の大椎治喘肺兪心兪、のど元の天突、胸の中府ダン中、腹部の中カン天枢、腕の孔最キョウ白などが重要なツボです。指圧、マッサージを併用することも良いでしょう。
発作が起こった時は、後頚部の天柱から背骨の両側を腰部に向けてマッサージします。
また、朝晩5分ずつ、のど、胸、肩の甲、背中を乾布マッサージすると、気管支喘息の予防になります。

民間薬
@オオバコ
オオバコ15gを水600mlで半量まで煎じ、1日3回にわけて飲みます。
Aフキ
茎を3cm位に切って、薄味の醤油で煮て食べたり、また葉を細かくきざみ好みの味付けをして食べます。
Bニンニク
ニンニク1個を蒸し焼きにして、毎日食べます。咳のひどい時は、ニンニクの葉または根の絞り汁20滴ほど飲めば咳も止まります。
Cハチミツ
湯のみに熱湯を注ぎ、その中にハチミツを入れてよくかき混ぜて、毎晩就寝時に飲みます。
Dレンコン
節をおろしたものを盃1杯にヒネショウガのおろし汁スプーン1杯、さらにレンコン実ごとおろしたものに砂糖を少々加え、熱湯を注ぎ、かき混ぜたものを飲みます。

家庭でできる治療法一覧に戻る

〒286−0201 千葉県富里市日吉台2−6−7 第一宝生ビル1F
TEL:0476-92-7083 FAX:0476-92-7084 E-MAIL:info-net@hariqm.com