いしかわ治療院 家庭で出来る治療法 不眠症

不眠症
 健康的な生活の最大のポイントになるのは十分な睡眠をとることですが、痛切に眠りを求めながら、それができない不眠症の人が非常に多いものです。その一方で世の中の特に若い人の中には寝ることの重要性を無視する人も多数いるので困ります。
不眠症のタイプにはいろいろあります。寝つきの悪いもの、何度も目が覚めるもの、朝むやみに早くから目がさめるもの等々ですが、原因の大部分は精神的なものです。体の異常があって眠れないことも少なくありません。
眠れない時は意識しすぎないで、リラックスすることです。中高年の場合は自律神経失調症となり、身体のバランスがくずれて不眠症となる場合もあります。
この場合もツボ治療はたいへん良く効きます。

ツボ療法
後ろ首の
天柱、背部の膈兪肝兪、お腹の鳩尾期門、足底の湧泉などが治療穴です。
灸治療には
膈兪肝兪巨闕期門を1ッ所に3〜5壮、1日1回毎日続けます。眠れないからといって、睡眠薬や精神安定剤の乱用は慎みましょう。不眠で死ぬようなことはまずありません。

民間薬
@
タマネギ
世界中で広く使われている解消法は、生のタマネギ又は長ネギを刻んで枕元に置くだけの方法です。タマネギの揮発成分が神経を安定させてくれるようです。
A
クマ笹
神経がイライラして眠れない時は、クマ笹エキスを適量お湯に薄めて飲むと、グッスリ眠れます。
B
ミツバ
ミツバをおひたしや和え物などにして、たくさん食べましょう。
C
シソ酒
シソの神経を鎮める効果と適量のアルコールとの作用で、よく眠れます。シソを半日くらい水切りしてからふきとって、ビンにいれ、焼酎と氷砂糖を入れます。3ヶ月ほどしたら、シソを取り出します。そして、寝る前にシソ酒を飲みます。
D
ニラ
体が温まり、よく眠れます。


家庭でできる治療法一覧に戻る

〒286−0201 千葉県富里市日吉台2−6−7 第一宝生ビル1F
TEL:0476-92-7083 FAX:0476-92-7084 E-MAIL:info-net@hariqm.com